かどや米穀店

03-3961-4182(AM10:00〜PM7:00)

SHOP

この暑さの中、農家さん達は大変です


暑い中農家さんも頑張っています

今年は例年よりも暑い日が続き、熱中症問題や各地で水不足が騒がれています。

ダムに貯水されている水も、暑さが続けば貯水されている水も蒸発してしまい、水の消費量も、この暑さでは増加し、雨も降らなければ水不足は深刻になります。

そしてお米に必要な水も不足してしまいます。

集中して雨が降り、災害を起こしたかと思えば、気温が上昇し、熱中症で体調不良を起こす方々も各地で散見される事がニュースで流れてきます。

この時期のこの気温や湿度の高さは農家さんにしてみればとても大変な思いをされてお米作りに邁進して下さっていると思います。

もう少しすれば新米の時期が来ますが、それまでに全国各地の農家さんが体を壊さない様に心配する事しか出来ません。

人間が科学を発展させればさせるほど、便利なツールが出来上がり、過ごしやすい環境を作り出して来ましたが、人間が過ごす環境は自然には優しい環境ではなく、便利なツールを使えば使う程、便利なツールに頼れない状況の方々は大変な思いをされています。

自動車が出来、移動が楽になり、エアコンが出来、過ごしやすい環境を作り出す事に人類は成功しましたが、同時に地球に対して二酸化炭素をポイ捨てしてしまい、大気を汚し、人類以外には辛い環境を与えています。

大気を汚せば地球の温暖化が進み、便利なツールの環境外で働く人たちは大変な思いをしながら仕事をされています。

家を作る大工さん達やお米や野菜を生産する農家さん等、便利ツールの恩恵外で働く人達は沢山いますが、そういった方々に支えられながら生かされています。

かどや米穀店でお取引をさせて頂いている農家さんもまた、便利ツールの外で汗を流し、一生懸命、おいしいお米を生産して下さっています。

外国では便利ツールの恩恵を得ながら農薬という便利ツールを使い、ヘリコプターから農薬をバラ撒き、害虫駆除を行う農産業を行ったりもしていますが、かどや米穀店で取り扱うお米を生産して下さっている農家さん達は、便利ツールを使うのではなく、稲の一本一本を手塩に掛け、成長した我が子をお客様の食卓に自信を持ってお届けしようというお考えを持たれている方々ばかりになります。

この時期に農家さんがどんな大変な思いをしているかは、食べる側にしてみれば分からない事かもしれませんが、一度お口に入れて頂き、食べて頂ければ農家さんの努力の差が歴然として分かる様なお米を生産して下さっています。

農家さん達の想いが口の中で広がる有機栽培や無農薬のお米を是非一度ご賞味頂ければ、きっとご飯をお口に入れた時に農家さんが丹精込めて作ったお米の差をご理解頂けるかと思います。

⇒2018年のへそ祭りが無事に終了致しました

 カテゴリー: 農家さん

かどや米穀店

住所:東京都板橋区中板橋18-9

電話:03-3961-4182

FAX:03-3964-6677

営業時間:10:00~19:00

定休日:日曜・祝日

開業:昭和 23年