かどや米穀店

03-3961-4182(AM10:00〜PM7:00)

SHOP


新米

新米の時期になると新米の暖簾を垂れるお米屋さんやスーパーが増えます。お米の収穫される秋になるとその年の新米が販売されるようになります。

新米収穫される年の11月から翌年の10月までの期間を新米の期間で新米と言いますが、収穫された年の年末までに精米され、包装されたお米に限り、新米での販売と言う形が認められています。

春先になると新米販売の暖簾は卸されますが、そのお米が古米か?と言うとそうではなく、新米ですが、新米表記が出来ないお米と言うことになります。

新米は古米と比べると粘りも少なく、古くなった食べ物はどんな物にも共通しますが、硬くなりやすく、見た目も光沢など、新鮮な感じが失せ、古米独特の臭いがします。

倉庫などで保管されている状態が長い事から、お米に含まれる水分も抜け、新米時よりも炊いた時のお米が膨らんでしまいます。古米になり、年月を重ねれば重ねるほどお米の質は悪くなり、臭いや、粘りのなさ等、品質は時間と共に悪くなっていきます。

どんな食品でも新鮮な物が一番美味しいものですし、鮮度である程度品質をカバー出来るお米も中にはあります。

かどや米穀店

住所:東京都板橋区中板橋18-9

電話:03-3961-4182

FAX:03-3964-6677

営業時間:10:00~19:00

定休日:日曜・祝日

開業:昭和 23年